オールインワンゲルのおすすめランキング 化粧品比較の匠

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら

UVカット成分が入っているオールインワンゲルで紫外線対策

2017.04.19

オールインワンゲルは、1つで何役もこなしてくれる優秀なスキンケアです。オールインワンゲルで紫外線対策もできればさらに嬉しいですよね!
今回は、意外と知らないUVケアの基本や、UVカット成分が入ったオールインワンゲルについてご紹介します。

紫外線と日焼け止めの基礎知識

紫外線とは?
紫外線(Ultraviolet:UV)は、太陽から発せられる光の中で、波長が短すぎて目に見えない光の総称です(波長が長すぎて見えないものは赤外線)。紫外線は、波長の長さによりさらにUV-A、UV-B、UV-Cに分けられます。UV-Cは波長が短すぎるので、オゾン層などで吸収され、地表に届くことはありません。

・UV-A(紫外線A波)
紫外線の中でも波長の長いUV-Aは、肌の奥まで届き皮膚のたるみやシワの原因となります。ガラスなどを通過するので、室内での対策も必要です。

・UV-B(紫外線B波)
いわゆる「日焼け」の原因となるのは、より波長の短いUV-Bです。ガラスなどで遮ることはできますがその影響力は非常に強く、長い間UV-Bにさらされると皮膚が炎症を起こすこともあります。シミやそばかすの原因となります。

「日焼け止めを塗るのは夏だけ」という方もいらっしゃるかもしれませんが、紫外線は一年中通して降り注いでいます。また、曇りの日や、室内でも肌は紫外線の影響にさらされています。美しい肌を保つためには念入りな対策が必要ですね。

日焼け止めって?

紫外線対策といえば、まず日焼け止めが思い浮かぶのではないでしょうか。日焼け止めに含まれる成分とその役割についてご説明します。

1.紫外線吸収剤
肌の表面で紫外線を吸収することで紫外線の影響を防ぎます。成分としては「メトキシケイヒ酸オクチル」「メトキシケイヒ酸エチルヘキシル」といった有機化合物がこれにあたります。肌への負担は大きく、肌の弱い方は、塗った時に刺激を感じることもあります。

3.紫外線散乱剤
肌の表面で紫外線を跳ね返し、肌の内部に侵入させない働きがあります。成分としては、「酸化チタン」「酸化亜鉛」などの金属酸化物がこれにあたります。紫外線吸収剤に比べると負担は少ないですが、いわゆる「白浮き」しやすいなど使用感がイマイチ…ということが多いようです。

UVカット成分が含まれているオールインワンゲル

日常的に紫外線対策をとるなら、普段のスキンケアに使っているオールインワンゲルにUVカット成分が含まれていれば便利ですよね。でも実は、UVカット成分が含まれているオールインワンゲルはそんなに多くないんです。なぜならUVカット成分は少なからず肌に負担をかけてしまうからなんです。

しかし、化粧下地の役割を含んだオールインワンゲルの中には、高いUVカット効果をうたったものもありますので、忙しい朝に時短メイクする時には便利です。このようなオールインワンゲルは朝昼専用として使用し、夜は美容液をたっぷり含んだ通常のオールインワンゲルを使うようにしましょう。

また、UVカット効果を持つ植物由来の天然成分を含んだオールインワンゲルもあります。UVカット効果は弱いですが肌にかかる負担は小さいので、昼夜問わず使うことができます。お休みの日に自宅でのんびり過ごしたいときや、敏感肌で通常の日焼け止めが使えない方におすすめです。

「オールインワンゲル+日焼け止め」はどんな順番で塗る?

オールインワンゲルに含まれているUVカット成分だけでは不安な時や、スキンケアと紫外線対策は分けて考えたいという方は、オールインワンゲルと日焼け止めの両方を使用することになります。
ポイントは塗る順番。油分が多い日焼け止めを先に塗ってしまうと、美容成分が浸透しません。そこでメイクの順番をご紹介します。

1.オールインワンゲル
2.日焼け止め
3.化粧下地
4.ファンデーション

としましょう。下地の代わりになるオールインワンゲルや日焼け止めを使えば、時間を短縮できます。

紫外線のことを知って効果的なUVケアをしよう

オールインワンゲルを使う方の紫外線対策についてご紹介しました。基本的には、オールインワンゲルによるスキンケアと、日焼け止めによる紫外線対策は分けて考えること。UVカット成分入りのオールインワンゲルを使う時には、夜用のスキンケア製品を別途用意する点に気を付けましょう。

上手に日焼けを防いで、オールインワンゲルで白く美しい肌を目指しましょう。

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら