オールインワンゲルのおすすめランキング 化粧品比較の匠

オールインワンゲルはポンプ式の方が良い?容器で選ぶ時のポイント |
口コミ情報掲載!オールインワンゲルの比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

オールインワンゲルはポンプ式の方が良い?容器で選ぶ時のポイント |

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら

オールインワンゲルはポンプ式の方が良い?容器で選ぶ時のポイント

2017.03.02

毎日使うオールインワンゲルだからこそ、使いやすさの決め手となる容器にもこだわって選びたいものです。オールインワンゲルの容器は、ふたを開けて手やスパチュラですくいとる『ジャー式』が主流でしたが、最近は片手で手軽に使える『ポンプ式』も増えてきています。ポンプ式容器にはどんなメリットがあるのか、手軽さだけで選んでいいのか、そんな疑問を解決していきましょう。

■ポンプ式は手軽かつ衛生的!

ジャー式容器には、「ふたを開けて横に置いて…という動作が面倒」「スパチュラを使って取るのが面倒だし、スパチュラの置き場にも困る」といった不満が挙げられます。

ポンプ式オールインワンゲルのメリットはなんといっても手軽さ。片手でプッシュするだけで、手を汚すことなくゲルを出すことができます。ボトルもスリムで場所を取りません。プッシュ量を決めておけば、毎回同じ量を出すこともできます。

さらに重要なポイントは、ポンプ式容器の方が、衛生度がより高いということ。容器内のゲルが手指や空気に直接触れることがないので、雑菌が繁殖する心配がありません。ジャー式は都度ふたを全開にするので雑菌が入り込む可能性が高く、手指による汚染を防ぐために利用するスパチュラも衛生的に管理する必要があります。「いちいちそんなに気を遣っていられない」という方にとっては、ポンプ式容器が便利ですね。

■ポンプ式オールインワンゲルのデメリットとは

ポンプ式容器にもデメリットがあります。それは、「残量がわかりづらい」ことと、「少なくなると出づらい」ということ。容器を逆さにしたり、振ってみたりと努力しても、最後まで使いきれないことも多々あります。

そんな方におススメしたいのが、「エアレス容器」を使ったポンプ式オールインワンゲル。容器は二重構造で、ゲルが入っている部分は真空状態になっています。使った分だけ容器の底が上がって押し出すので、最後の一滴までスムーズに使えるんです。

でも、だからこそ「気づいたらなくなっていた」ということも多いようです。ポンプ式のオールインワンゲルを愛用する方は、多めにストックして置く必要がありそうですね。

■テクスチャにこだわりたい方はジャー式を

使い勝手ではポンプ式に軍配があがりますが、それでもジャー式を使わざるを得ない場合もあります。それは、「お気に入りのオールインワンゲルがジャー容器しか採用していない」という場合です。

ゲルのテクスチャによっては、どうしてもポンプ容器にできないものもあります。特に、粘度が高くもったりした質感のゲルはポンプ容器では出しづらいため、このようなオールインワンゲルが好みの方はジャー容器を使わざるを得ないということになります。

また、ジャー式容器はふたがきっちり閉められるので、ひっくり返してもこぼれる心配がありません。旅行や出張など、オールインワンゲルを持って移動することが多い方は、ジャー容器が適していますね。

■まとめ

オールインワンゲルは、手軽で衛生的に使えるポンプ式がおススメです。しかし、ゲルのテクスチャによっては、ジャー式容器しか使えないということもあります。
上級者の中には、「忙しい朝はポンプ式、ゆったり時間が取れる夜はお気に入りのジャー式ゲルでケア」というふうに使い分けている方もいるようです。
また、最近では100円ショップでも詰め替え用のポンプボトルが購入できますので、少量ずつ移し替えて使うのもおススメです。雑菌の繁殖を防ぐため、使う前に消毒用エタノールでしっかり殺菌してくださいね。

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら