オールインワンゲルのおすすめランキング 化粧品比較の匠

オールインワンゲルの歴史と現在の機能 |
口コミ情報掲載!オールインワンゲルの比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

オールインワンゲルの歴史と現在の機能 |

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら

オールインワンゲルの歴史と現在の機能

2017.03.25

オールインワンゲルは肌の弱い人のために開発された歴史をもっていますが、いつから様々な女性にも支持されるようになったのでしょうか。オールインワンゲルの歴史や機能と共にご紹介します。

いつから?オールインワンゲルの歴史と開発理由

オールインワンゲルがいつから開発されてきたのかご存じでしょうか。今から15年以上前、皮膚科医を中心に肌の弱い人のために考案されたのが、オールインワンゲルの歴史のはじまりだそうです。不必要なものを除き、肌の負担になる摩擦を減らすため、1度でスキンケアを終わらせることが出来るように開発されたといわれています。
オールインワンゲルの歴史は長くはないですが、今では様々な種類があり、スキンケアの選択の1つとして定着し、様々な女性にも支持されるようになりました。現在、家事に育児に仕事にと忙しく働く女性も多く、スキンケアの時短になるオールインワンゲルを必要とする人が増えてきています。1ステップでスキンケアが済むので時間がなくても毎日続けていくことが出来る点は、オールインワンゲルが支持されている理由のひとつといえます。

研究・改良され続けているオールインワンゲル

オールインワンゲルは主に化粧水、乳液、美容液、クリームなどの他のスキンケア化粧品の役割を併せ持っています。これらの基本的なスキンケアに加えて、化粧下地やUVカットなどプラスアルファの効果があったり、美白やアンチエイジングなどに特化したものなど、今では様々な商品が出てきています。
化粧下地などの役割を持っているものを使うことで、洗顔後からメイク前までオールインワンゲル1つで済ませることも可能になりました。これは肌の摩擦もぐっと少なくすませることが出来ますし、時短にもなります。スキンケア商品をあれこれ購入する手間も省けますし、コスト面でも安くすむ場合がほとんどです。スキンケアを面倒に感じてしまう人でも、毎日手軽に肌のケアをすることができます。当初は肌の弱い人のために開発されたオールインワンゲルですが、研究・改良され続け、今ではオールインワンゲルの特性によって女性の様々な負担を軽減することができるようになりました。

オールインワンゲルは多機能で効果的

オールインワンゲルはそれ1つでスキンケアを済ませることができますが、他のアイテムを重ねて使うこともできます。アイテムを重ねる場合は、オールインワンゲルと相性の良いものを使うようにしましょう。
相性が悪いものだと肌がベタベタしてしまったり、「モロモロ」と白いカスが出てきたりしてしまいます。一番相性が良いアイテムは、とろみのないタイプの化粧水です。とろみのあるタイプでは「モロモロ」が出やすくなってしまうので注意が必要です。オールインワンゲルを使う前に化粧水をしっかり浸透させることで、保湿効果を高めることも期待できます。
夜であれば、オールインワンゲルの後にクリームを重ねる方法もありますが、べたつきやすいため、乾燥が気になるときだけの方が良いでしょう。また、オールインワンゲルの中に美容成分が豊富に含まれているものも多いので、美容液を重ねなくても十分ですが、併用することもできます。重ねる場合はオールインワンゲルの前に美容液をつけましょう。

まとめ

肌の弱い人のためにと開発されたオールインワンゲルですが、スキンケアが1つで済む特性は様々な女性の負担を減らし、支持されるアイテムとなりました。肌への負担も少なく、多機能なオールインワンゲルをぜひ一度使ってみることをおすすめします。

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら