オールインワンゲルのおすすめランキング 化粧品比較の匠

オールインワンゲルでインナードライ肌をケアしよう |
口コミ情報掲載!オールインワンゲルの比較ランキングサイト【化粧品比較の匠】

オールインワンゲルでインナードライ肌をケアしよう |

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら

オールインワンゲルでインナードライ肌をケアしよう

2017.03.24

乾燥肌や脂性肌などといった肌タイプがありますが、外側は皮脂でテカテカ、内側は水分不足でカラカラなインナードライ肌といわれる肌タイプもあります。
インナードライ肌にはどういったスキンケアが良いのか分からない人も多いのではないでしょうか。今回はインナードライ肌におすすめのスキンケアをご紹介します。 関連コラム:出産直後の新米ママにオールインワンゲルがおすすめな理由

インナードライ肌とは

肌の表面は皮脂が出ているのに、内側は水分が不足し乾いてしまっている状態はインナードライ肌といわれています。肌の水分量が少なく、これ以上水分が蒸発してしまうのを防ぐために、皮脂の分泌が多くなってしまっているのです。
皮脂が多く分泌されているため、ただの脂性肌と勘違いをし、皮脂対策など間違ったスキンケアをして改善されずにいることもあるので注意が必要です。インナードライ肌は乾燥が原因とされています。肌は乾燥しているとバリア機能が低下し、様々な肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があります。
肌が乾燥してしまう原因は、間違ったスキンケアや冷暖房による空気の乾燥、不規則な生活やストレス、偏った食事などの生活習慣も関係しているといわれています。原因は様々ですが、インナードライ肌に合ったスキンケアで改善できることもあるので、まずはスキンケアを見直すことから始めてみましょう。

オールインワンゲルでインナードライ肌に合ったスキンケア

インナードライ肌の改善には、まずは肌の保湿を十分にすることが大切になります。そのためにも、インナードライ肌に適したオールインワンゲルでの保湿ケアをおすすめします。オールインワンゲルには、ゲルが潤いの膜を作る特性があるといわれています。この膜によって、肌の水分が蒸発するのを防いでくれるので、保湿効果が期待できます。
また、通常の基礎化粧品では、化粧水に美容液や乳液、クリームなど3ステップ以上あるので、スキンケアによる肌の摩擦や肌にのせる油分がどうしても多くなってしまいます。これはバリア機能の低下した皮脂の多い肌には、負担になってしまうことがあります。オールインワンゲルであれば1ステップなので、摩擦や油分が比較的少なくて済みます。肌の負担も少なく、保湿効果も期待できるオールインワンゲルは、インナードライ肌に合ったスキンケアと言えます。 セットでお得なオールインワンゲル商品の購入はこちらから!

インナードライ肌に必要なセラミド

肌の水分を保つ役割を多く担っているのが、肌の表面に位置する角質層の「細胞間脂質」です。この細胞間脂質は保湿力のあるセラミドが主成分となっているので、水分を保つ機能が備わっています。セラミドが減少することによって肌が乾燥してしまい、肌トラブルの原因にもなります。
セラミド配合の化粧品を使うことで不足したセラミドを一時的に補い、肌の保湿の手助けをしてくれます。そのため、インナードライ肌にはセラミド配合のオールインワンゲルがおすすめです。セラミドと一言で言っても様々な種類がありますが、ヒト型・天然型といわれる保湿効果の高いセラミドが配合されているオールインワンゲルを選ぶようにしましょう。これらは成分表示に「ビオセラミド」や「セレブロシド」、「セラミド2」など末尾に数字がついているものが記載されています。

まとめ

インナードライ肌に間違ったケアをしていては、乾燥による肌トラブルの原因にもなります。保湿効果の高いセラミド配合のオールインワンゲルを使ったスキンケアで、インナードライ肌を改善できる可能性があります。人気のサイトでお得なセットを探して、スキンケアを見直し、しっとり潤い肌を手に入れましょう。

おトクなキャンペーン実施中! ドクターシーラボ公式サイトはこちら